シンプソン 夫人。 【エドワード8世とウォリス夫人】愛のために王室を離脱した英国王の末路

夫人 シンプソン

大胆なアメリカ人女性とイギリス王位継承者の結婚は多くの議論を巻き起こしますが、その結果としてエドワード8世は1936年、愛する女性と結婚するために王位を退位しました。 (: )が彼女の役を演じた。 しかし、その中の、ある文書を出版するとウィンザー公とナチスドイツとの「淫靡な関係」が明らかになろうとしたので、イギリス政府がその部分を抑えたのでした。

夫人 シンプソン

駐英ドイツ大使でその後ドイツの外務大臣となったと性的関係にあったと噂された。 スペイン戦争が勃発すると、最初はフリーランスとして、後にタイムズ紙の特派員として、フランコ側に立った取材活動をする。

2
夫人 シンプソン

式には、ごく親しい16人の友人のみを招き、「あんな離婚歴のあるアメリカ女を王室の一員に加えるのか」などとウォリスを疎ましく思っていたと政府からは誰も来なかった。

1
夫人 シンプソン

イギリス王室はシンプソン夫人を毛嫌いしていましたし、そんな人間と付き合いたいと思う人も少なかったからです。 生涯 [ ] 生い立ち [ ] のの一族ウォーフィールド家に生まれる。 ソビエトのダブル・エージェントとなったフィルビーは、逆に共産党と関わった過去を隠すために右翼的な活動に積極的に参加(妻のLitzi と別れたのも、コミュニストだった過去を葬るため)。

11
夫人 シンプソン

最近のコメント• ディナーテーブルを用意する執事やメイドのうち、蝋燭を準備していたメイドに指示を出していました。 160• エドワード7世が亡くなり、父であるヨーク公ジョージがジョージ5世として即位すると、エドワードは次期国王である プリンス・オブ・ウェールズに叙せられた。 () 1975• エドワード元国王 はウィンザー城に、14年後ウォレス夫人はその横に埋葬されました。

3
夫人 シンプソン

2人のわだかまりは最後までとけなかった。 シンプソン夫人も好きなファッションや社交の世界で、驚くほどスタイリッシュな生活をしてたわけだからね。

8
夫人 シンプソン

Buckingham Palace Windsor Castle ドラマの中でも、王妃エリザベスが普通の人のようにイーストエンドを訪問する予定があること、そしてこれも彼女のアイデアだと言及されていた、実際に彼女は戦争中に大空襲を受けたイーストエンドを訪問し、民衆を激励したという有名なエピソードがある。

19
夫人 シンプソン

「王冠を捨てた恋」でシンプソン夫人の結婚による王室入りにイギリス政府が難色を示した本当の理由は離婚歴ではなく、シンプソン夫人の正体はナチスの手先で、エドワード8世との結婚によってイギリスがナチス融和路線に転じて国の進路を誤るのではないかと危惧したという事であった。 Alan Bennettの戯曲"A Question of Attribution" はエリザベス王妃とブラントの関係をモデルにしたものといわれている。 ワード八世が公爵となってフランスで過ごした日々を支えたのは、執事Ernest Kingでした。

8
夫人 シンプソン

「The Week in Westminster」とういう政治番組を担当し、チャーチルを始めとする政界の大物ともコネクションを持つように。