芳しく ない 意味。 「芳しくない」とは?意味や使い方を解説!

意味 芳しく ない

望ましくない• 進捗しない• 存分にヒロイズムを発揮し、今のうちに功徳を積んでおくのがよかろう。

16
意味 芳しく ない

息子の成績が思わしくない。 用途によって使う場面は変わりますが、否定で使う物としてはふたつめの意味を使う場合が多いです。 いずれもよく使われる表現なので、覚えておくとビジネス上だけではなく日常会話でも使えるかもしれません。

4
意味 芳しく ない

この意味は、「病状が思わしくない」なります。 「芳しい」という意味を打ち消しているので、表現としては遠回しになるのは使う上においても非常に大切になります。 まとめ この記事のおさらい ・「芳しくない」は「かんばしくない」と読み、「素晴らしい」を意味する「芳しい」に否定の「ない」をつけた言葉で「状態や状況が良くない」ということを意味している ・「芳しくない」は目上の人にも使うことができる ・「芳しくない」の類義語としては「好ましくない」や「望ましくない」などが挙げられる ・「芳しくない」の対義語は類義語と逆で「好ましい」や「望ましい」といったものが該当する ・「芳しくない」の英語表現は「unsavory」や「unfavorable」などが適当. 「成績や評判が芳しくない」 「芳しくない」は成績や評判が良くない場合にも使うことができる表現です。

20
意味 芳しく ない

例えば「どうにも天気が芳しくないので、午後からの外出は控えようと思う」のような使い方が考えられるでしょう。 したがって、「芳しくない」では「好ましくない」などの意味がよく使われます。

17
意味 芳しく ない

「芳しい」には、「香りが良い・立派である・すばらしい」という状態の良さを表す言葉です。 回復の見込みが薄い• かんばしくない 「かんばしい」も同じ字が当てられ、それに否定の「ない」をつけることで「かんばしくない」と読みます。

9
意味 芳しく ない

しかし実際の用例をよく見ていくと、意味合いとしてはそうした字面の感覚より、むしろ少し強い印象があるように思われます。