唇小さい。 å”‡ã‚’č–„ãã™ã‚‹æ–šæŗ•ã¨ã¯īŧŸãƒˆãƒŦãƒŧニãƒŗã‚°ã‚„ãƒĄã‚¤ã‚¯čĄ“ã‚’ã”į´šäģ‹

唇小さい

åŖが小さくãĻã‚‚å”‡ãŒåŽšã„ã¨æ„›æƒ…æˇąã„ ぞた、åŖが小さくãĻã‚‚å”‡ãŒåŽšã„ã¨æ„›æƒ…æˇąã„į›¸ã§ã‚るともされãĻいぞす。 ぞた、äēēãĢ寞しãĻč‡Ē分ぎ意čĻ‹ã‚’ハッキãƒĒč¨€ã†ã§ã—ã‚‡ã†ã€‚ įĩæžœã¯äģĨ下ぎとおりです。

10
唇小さい

ãĄãĒãŋãĢ、æ‚Ē性ãƒĒãƒŗパč…Ģã¯ã€ŽčĄ€æļ˛å†…į§‘』です。 。

13
唇小さい

唇は思ãŖãĻいるäģĨ上ãĢデãƒĒã‚ąãƒŧトですから、æ—Ĩã”ã‚ãŽã‚ąã‚ĸを怠らãĒいようãĢしぞしょう。 ãƒĄã‚¤ã‚¯ã§ãƒœãƒĒãƒĨãƒŧムをå‡ēすためãĢã¯ãƒĄã‚¤ã‚¯äš—ã‚ŠãŽč‰¯ã„å”‡ãĨくりも大切ãĒ゚テップです。

14
唇小さい

įĢ‹äŊ“æ„Ÿã¯ã€ãƒĄãƒĒハãƒĒをつけることでį”Ÿãžã‚Œãžã™ã€‚ 唇ぎできもぎがį—‡įŠļとしãĻįžã‚Œã‚‹į—…æ°— 唇はį´Ģ外įˇšã‚„äšžį‡ĨãĒおぎåˆēæŋ€ãĢよãŖãĻãƒ€ãƒĄãƒŧジを受けやすいため、ãŗらんīŧˆãŸã ã‚Œīŧ‰ã‚„ができやすい部äŊã§ã™ãŒã€äģĨ下ぎようãĒį—…気が原因ぎ場合もありぞす。 č‰˛ã¯æœ€åˆã¯į™ŊãŖãŊい感じだãŖたが、äģŠã¯ãģã¨ã‚“ãŠå”‡ãŽč‰˛ã¨åŒã˜ãĒぎで遠くからčĻ‹ã‚‹ã¨å¤§ã—ãĻį›ŽįĢ‹ãŸãĒい。

唇小さい

グロ゚を全äŊ“ãĢつけるぎがč‹Ļ手ãĒ斚は、唇ぎ中夎部分だけでもいいんですよ。

唇小さい

å”‡ãŽč’ã‚Œã‚’é˜˛ããĢは å”‡ãŽč’ã‚Œã¯ã€ãƒĒップクãƒĒãƒŧムãĢよるäŋæšŋやæ­ĸめãĒおをį”¨ã„ãĻã‚ģãƒĢãƒ•ã‚ąã‚ĸã‚’čĄŒã†ã¨ã‚ˆã„ã§ã—ã‚‡ã†ã€‚ ã‚ĸトピãƒŧが攚善されればåŖ唇į‚Žã‚‚č‰¯ããĒりぞすが、寞å‡Ļį™‚æŗ•ã¨ã—ãĻは、įšŽã‚’いじらずãĢ、äŋæšŋしãĒがら清æŊ”ã‚’äŋã¤ã‚ˆã†ãĢしぞしょう。 äēē気ぎæĩˇå¤–ã‚ģãƒŦブやæ—ĨæœŦぎč‹Ĩ手åĨŗå„Ēさんが、厚い唇をトãƒŦãƒŧドマãƒŧクãĢしãĻいることもäēē気ぎį†į”ąã§ã—ょう。

唇小さい

テã‚Ŗãƒƒã‚ˇãƒĨã‚ĒフをしãĻからぞたåŖį´…ã‚’äš—ã›ã‚‹ã¨č‰˛ãŽæŒãĄãŒ1åēĻåĄ—ã‚Šã‚ˆã‚Šã‚‚ã¨ãĻã‚‚č‰¯ããĒりぞすよ。 ボãƒĒãƒĨãƒŧムがある唇をæŧ”å‡ēしたいときãĢ有劚ãĒæ–šæŗ•ã§ã™ã€‚

1