スパーク ライン と は。 【エクセル時短】「スパークライン」使ったことある? 表の数値を視覚化したミニグラフをセル内に入れる方法

は スパーク ライン と

まずは最小値を指定しましょう。 スパークライン上のデータ ポイントにマークを付ける マーカーを使用して、高い値や低い値などの特定のデータ ポイントを目立たせることができます。 オブジェクト(必須) スパークライン上のデータのポイントに対する設定を表すSparkpoint【スパークポイント】オブジェクトを指定します。

18
は スパーク ライン と

Negative【ネガティブ】プロパティの書式と設定値の説明 オブジェクト. スパークラインを配置する場所を選択してくださいで、L5:L9 を指定しました。

は スパーク ライン と

非表示のH列のデータがスパークラインに反映されました。 スパークラインを配置する場所には、選択していたセル I2:I6セルが設定されています。

6
は スパーク ライン と

E列の「3ヶ月比較」の列に、4月~6月の動きの折れ線グラフのスパークラインを設定します。

16
は スパーク ライン と

スポンサーリンク スパークラインの作成 まずはスパークラインを設置したいセルをし、 [挿入]タブ、 [スパークライン]グループの中から、設置したいもののボタンをクリックします。 スパークライン関数についてもっと詳しく見てみたい方は(英文)へどうぞ。 この列のデータもスパークラインに追加したいと思います。

2
は スパーク ライン と

スパークラインのサイズ調整 ただ、作成直後のスパークラインはとても小さくて見づらい場合もあります。 . 今回は商品別に月ごとの売り上げを比較したいので右側にセルを追加しました。

は スパーク ライン と

スパークラインが設定されているセルの1つ M5セルを選択しました。 グループ化されていないことを示しています。

11
は スパーク ライン と

3 スパークラインの範囲を設定 「 スパークラインの作成」というダイアログボックスが表示されるので、場所の範囲とデータ範囲を設定します。 「スパークラインツール」の[書式]タブの[グループ]グループの[グループ解除]を実行します。 スパークライン上のデータの始点に対するマーカーに色を設定するには、Firstpoint【ファーストポイント】プロパティにColor【カラー】プロパティでマーカーの色を設定するためのFormatColor【フォーマットカラー】オブジェクトを取得して Color【カラー】プロパティやColorIndex【カラーインデックス】プロパティThemeColor【テーマカラー】プロパティを指定します。