カルボキシ ビニル ポリマー。 [カルボマー(カルボキシビニルポリマー)]アクリル酸重合体で出来た水溶性増粘剤 | アミノ酸シャンプーは髪と地肌におすすめです。

ビニル ポリマー カルボキシ

あるいは特殊な場合はオレフィンの酸化解裂()によって生じるをすることでも生成できる。 乳化剤としては、界面活性剤を使用しますが、カルボマーの場合は、その立体構造の中に油分を絡め取って乳化しているため、界面活性剤の乳化とは異なります。

ビニル ポリマー カルボキシ

重合体や高分子とも言われる通り、非常に多くの原子が結合して成る巨大分子。

ビニル ポリマー カルボキシ

カルボマーをご紹介する前にポリマーについて簡単にふれておきます。 (エタン二酸)• 、、などにも配合されるようになっています。 新化粧品ハンドブックによると、当時は特許が出されており()、製造方法は不明でしたが、アクリル酸とペンタエリスチルアリルエーテル、スクロースアリルエーテルなどを共重合(モノマーを複数重合させる)させて得られるのでは とあります。

ビニル ポリマー カルボキシ

成分一覧は以下からお読みください。 また、水に溶けやすい水性ポリマーです。 以前は、長期間続けて使用していると肌に悪影響を及ぼす危険性を指摘されていました。

7
ビニル ポリマー カルボキシ

乳剤を作る場合には油相と混ぜます。

11
ビニル ポリマー カルボキシ

3)カルボマーのその他のメリット カルボマーには、合成であるがゆえの品質の均一性があります。

ビニル ポリマー カルボキシ

紙オムツや生理用品などに使用されるは高吸水性高分子ポリマーです。 つまり、カルボマーは、液体にとろみをつける役割を持ち、増粘剤として使用されて液垂れなどを防ぎます。 また、だけでなくを増やすを推奨最高濃度で配合するとともに、保湿に優れた、6種の、も配合しています。

1
ビニル ポリマー カルボキシ

なお、一般に皮膚呼吸と呼ばれる皮膚からの酸素の取り込みは、肺などの呼吸器による呼吸の1%以下と考えられているので、生命維持とは関係ありません。 溶解度 [ ] 炭素数の少ない 1-5炭素 カルボン酸は水に溶けやすいが、炭素数が多くなると疎水性のアルキル鎖が大きくなるため溶解度は低くなる。