宇都宮 市 ハザード マップ。 ハザードマップ(洪水・土砂災害)|宇都宮シティガイド

ハザード 宇都宮 マップ 市

増子です。 二次著作物を作成する場合は、以下のとおり、利用するデータの出典を表示してください。

ハザード 宇都宮 マップ 市

2020年3月17日 洪水浸水想定区域(想定最大規模)について、新たに県管理河川のデータ(北海道の38河川・栃木県の2河川・鹿児島県の4河川)を追加し、栃木県の荒川を更新しました。 いかがでしたでしょうか。 栃木県ではほとんどの市町村で作成されていません。

14
ハザード 宇都宮 マップ 市

洪水ハザードマップ 洪水ハザードマップは、水防法に基づき、国(一級河川鬼怒川)や栃木県(一級河川田川、一級河川姿川)が、想定しうる最大規模の降雨によって被害が想定される範囲として公表した浸水想定区域図を現況図と重ね合わせる形で作成しました。 なお、市内には多数の土砂災害危険箇所がありますが、「土砂災害警戒区域」及び「土砂災害特別警戒区域」として指定し、公表した347箇所の危険箇所を栃木県のホームページにある、「とちぎ地図情報公開システム」で「とちぎ土砂災害警戒区域マップ」を掲載しています。

ハザード 宇都宮 マップ 市

町民広場(改善センター)• (令和2年11月11日)• 市では、国や県から新たに公表された最大規模の降雨による浸水想定に基づき、防災ハザードマップを作成しました。 浸水リスク想定図について 栃木県では、水防法に基づき、指定河川(18河川)の洪水浸水想定区域図を作成し指定・公表しています。

1
ハザード 宇都宮 マップ 市

詳しくは、下記のページ内でご覧いただけます。 ハザードマップとは 宇都宮市では、台風や集中豪雨などによる大規模な洪水や土砂災害の危険性が増加した場合に、被害が発生する地域や被害の程度を予想し、市民の皆さんに速やかに安全な場所に避難していただき、被害を最小限に抑えることを目的として、避難や事前準備に関する情報をまとめたハザードマップを作成しています。

3
ハザード 宇都宮 マップ 市

ハザードマップが作成されていない市町村でも冠水の記録等は、市役所等に問い合わせをすれば確認が取れるため、必ず問い合わせるようにしましょう。 必ず一度でいいから自分たちが住んでいる市町村のハザードマップを確認するようにして下さい。

2