ボーデン 馬。 記者予想 : 松田直樹のウマい買い方

馬 ボーデン

引き出し型と引き出され型、大舞台で発揮される真価と繋がる2015年の主役 さあ、ここではいよいよタイトルにもある引き出し型と引き出され型について解説していく。 勝ち馬は、後のクラシックで三冠馬となるコントレイルだ。

12
馬 ボーデン

現役時代はとにかくキレにキレた馬で、その末脚を武器にGI戦線で活躍した。 ただこれは、条件によって変わってくる話なので、そこについて触れていく。

4
馬 ボーデン

単勝1. ただそれの陰に隠れているようですが、今週のマイルCSもかなり豪華なメンバーが集まった注目レース。 夏にもデビューへ向け調教を積んでいたので、仕上がりは難しくないはず。

17
馬 ボーデン

たき火の前でどんな話をするのか楽しみです。

5
馬 ボーデン

この年はドゥラメンテが圧倒的な強さで春の2冠を制する訳だが、思えばドゥラメンテも本番までは取りこぼしが目立っていた。 今年は筆者のPOG成績がいまひとつなので、もっと早く時間が過ぎてくれないかと思って過ごしています…。 そういう観点で見ると、ボーデンが初戦で取りこぼしたこと、そしてかなりのハイペースとなった未勝利戦で一気にパフォーマンスを跳ね上げたことにも説明が付く。

2
馬 ボーデン

410キロ台と小柄で負荷をかけた調教は少ないが、仕上がりは悪くないようだ。 祖母サファリクイーン アルゼンチン2歳牝馬チャンピオン。

20
馬 ボーデン

CWで終い1F12秒を切るレベルの時計を出しており、初戦から好勝負できる状況にある。 次元の違う走りで、見ているものを驚かせた。

14
馬 ボーデン

その裏で今週も多数の良血馬がデビュー。 16頭立てのレース。

3