嫐 る 意味。 嬲とは (ジョウとは) [単語記事]

意味 嫐 る

直接的な暴力でなく、態度や言動で相手に精神的苦痛をじわじわと与えてるというニュアンスで使われます。 どうしても若手を嬲りたくなるのは、彼女が気が強いキャリア派だからだろう。 規格・区分 ではない。

2
意味 嫐 る

語彙力が広がると、表現力も高まる 「嬲る」という漢字は普段滅多に見かけませんが名作と言われている昔の日本文学の世界では多く見られます。 また、現代でいう、いじめ、セクハラ、パワハラなどにもなるのではないでしょうか。 「嬲る」は「相手を翻弄してからかう」という意味がありますから、ことに男女の関係においては、女性なら悪女、男性なら現代の表現でチャラ男がやりそうな行為とも考えられます。

1
意味 嫐 る

「嫁をいびる」「お局が気に入らない部下をいびる」などといった使い方ができます。 より軽い意味では「 からかう」「 軽く動かす」などに言い換えることができます。

12
意味 嫐 る

「嬲る」と「嫐る」ニュアンスの違いは行為の主体が男か女かというニュアンスの違いがあります。

意味 嫐 る

「嬲る」と「嫐る」の違い 「嬲る」と「嫐る」は意味や読み方は同じですが男女の並び方の順番が違っており、形が違います。

18
意味 嫐 る

男の人が二人で、女性を守っている。

12
意味 嫐 る

さらに、笹原教授の解説では、「嬲る」と「嫐る」という漢字の違いについても触れられています。 上述したとおり、標準語の「なぶる(嬲る)」と方言の「なぶる」ではやや意味が異なってきますので、注意が必要なのです。

意味 嫐 る

2つの「男」に挟まれた「女」、また2つの「女」に挟まれた「男」と書く「なぶる」は非常に謎めいた漢字構成となりますが、「男」「女」の漢字の並び方が違うのに、意味はまったく同じというのも珍しいものです。 この小さな集落の名前を表すためだけに、「嫐」という字は、JIS漢字に採用されていたのです。

2