みんなのうた テキスト。 NHK みんなのうた 2020年4月・5月 / 日本放送協会/NHK出版 <電子版>

テキスト みんなのうた

1985年頃からジングルが変更される。

12
テキスト みんなのうた

概ね1993年以降に放送された楽曲の大半が今まで収録されている。 一方、ニューミュージック系アーティストのオリジナル曲でCD発売を前提に取り上げられる場合は、そのアーティスト(歌手・作家)が普段属する音楽出版社が出資を行い製作に関与するなどして、そこが有しているケースが多い。

2
テキスト みんなのうた

みんなのうた特別番組 [ ] 2000年度• 星野美樹子()「」(1977年)• 『』(1970年2月-3月):映像の途中に「」が登場し、DVDではの関係上、別の絵に差し替えられる。 が原盤保有する楽曲がほとんどであるが、ラジオ放送時の音源による「()」「(と)」も所収されている。 - 1970年代まで放送された『みんなのうた』の姉妹番組。

19
テキスト みんなのうた

当時、NHK『みんなのうた』のプロデューサーが初めてこの曲のデモテープを聴かせてもらった時、「心の底からこの仕事をやっていて良かった…これだ! 2006年8月 - 9月には、みんなのうた45周年記念特集番組として『懐かしのみんなのうた』をで放送。 放送時の歌手や編曲による音源はレコード・CD化によって市販されずに、レコード会社企画による「みんなのうた」アルバム盤での別の歌手によるカバー音源や、放送時のオリジナル歌手によるレコード用のセルフカバー音源のみ製品化されている楽曲もある。 2001年1月27日・3月17日 内で「放送40周年記念・みんなのうた大特集」(1980年代までの楽曲を放送)を時間拡大のうえ放送。

19
テキスト みんなのうた

2006年度• この記事には 複数の問題があります。 放送曲の特徴 [ ] 初期は「外国曲に日本語の詞を付けた歌、日本の愛唱歌と埋もれた名曲、それにオリジナルが三本柱」だった。

7
テキスト みんなのうた

「」(2009年)• この場合は放送で使用された1コーラスのみ収録となる楽曲がある。 1961年から1971年までの曲が放送された。

テキスト みんなのうた

。 きっかけは2002年に放送の「」(歌:)で、大ヒットにつながったことからその宣伝効果に目がつけられ、それ以降歌手側からの提案件数が急増した。

テキスト みんなのうた

2000年代以降発売しているレコード会社• テレビ放送の場合、放送時間はアナログ・共通。 コロムビア所属歌手以外の楽曲については、楽曲によっては自社によるカバー版だけでなく、原盤貸与によりオリジナル歌手の音源(エイベックス・・などから提供)が収録されることがある。

19
テキスト みんなのうた

2018年6月放送分からは画面左下にタイトルロゴが常時付加される。 1985年 - 1993年度は全編ナレーション無し。 Eテレ(水)16:00は、では放送なし• 2006年10月より以下の点が変更された。

1