イノセント デイズ ドラマ。 ネタバレ感想|イノセント・デイズ第3話|幸乃がストーカーになった理由

ドラマ イノセント デイズ

弁護士となった幼馴染の丹下翔と再会したり、ブログの主・八田聡と会ったり、幸乃に手紙を出したりして事件の真相を追いながらも、判決が下ってからいつ刑が執行されてもおかしくない月日が経っていた。 ですが、その後は作品を観る機会がなく、プライベートの報道等でガッカリし、それから進んで竹内さんの作品を観る事はなくなりました。

9
ドラマ イノセント デイズ

デビュー:1997年 竹内結子(田中幸乃役)• 「もう誰も信じない」と思ったことも、何度もあります。 これまで何度も裏切られ、捨てられてきた幸乃。 メディアによって復讐に狂った女として報道された幸乃の姿は、実情とは全く異なる虚像でした。

11
ドラマ イノセント デイズ

幸乃を救いたい一心で、味方を探して幸乃の姉や中学校時代の同級生など 彼女の人生を知る様々な人々に会いに行くが、先々でその凄絶な過去を聞かされることになる。 わたしはずっと、この幸乃の持病 (興奮すると気絶する)が何を意味するのか、わかりませんでした。 そんなことを考えさせる、深い作品でした。

15
ドラマ イノセント デイズ

しかし実は有名俳優が続々登場し、毎月オリジナルドラマを制作しているのです。 全6話。 ヒカルは母の虐待から逃げて、陽子の父と結婚。

20
ドラマ イノセント デイズ

趣味:音楽・映画鑑賞• その他のキャスト• それに抗う必要はないと。 事件当日にかかってきた幸乃からの電話を取らず、ひとり罪の意識に苦しむところも。 原作を読み映像化を強く望んだ妻夫木自身の想いが2人を結び付けたのだ。

9
ドラマ イノセント デイズ

しかし、当の竹内結子は死刑を受け入れている。 竹内結子の再審が決まりそうだ、と会話。

18
ドラマ イノセント デイズ

この記事の目次• 瞳は、発作を起こした幸乃を見て、「あなたほんとは生きたいんでしょう!」と叫びます。

4
ドラマ イノセント デイズ

一方、弁護士として竹内結子に面会した新井浩文は、死刑をのぞむ彼女を説得することができません。 始終、怒りと焦燥感が漂い、後をひく内容になっており、音楽もインストゥルメンタルで、雰囲気にばっちりです。

2