九字 切り 護身 法。 九字護身法をむやみに行っては危険な理由

護身 九字 法 切り

また日蓮系統の法華行者では、日栄の『修験故事便覧』による法華経序品の「令百由旬内無諸衰患」を九字とする説に基づいて、格子状の九字を切る作法が相承される。 悉曇は通常50文字(51字の立場もある)とされ。

6
護身 九字 法 切り

九字 印 手の結び方 本地仏 臨 独鈷印 左右の手を内縛し人指し指を立て合わせる 毘沙門天 兵 大金剛輪印 二手を内縛し人指し指を立てて合せる。 例えば地蔵菩薩は「オン・カカカ・ビ・サンマ・エイ・ソワカ」で、お地蔵様にお参りするときは、この真言を唱えるのが正式のご挨拶ということになります。 1つは、刀印を結び九字を唱えながら切るだけの方法。

護身 九字 法 切り

諸願成就 家内安全 夫婦円満 病気除け 商売繁盛 印 色々な仏の印です。 運気を上げるためには、こうした低級波動をその都度排出する必要があるのです。 これは、中国の晋の道教家であった葛洪(かつこう)が『抱朴子』(ほうぼくし)という道教の書に書かれていた一文であり、危険な山に入る前にはコレを唱えよ、として書かれていた言葉が元です。

18
護身 九字 法 切り

主に身を守るために使うものであり、九字切りは邪災戦勝などを祈るために行う作法の1つだといわれています。

9
護身 九字 法 切り

・ 「臨・兵・闘・者・皆・陣・烈・在・前」 (りん・ぴょう・とう・しゃ・かい・じん・れつ・ざい・ぜん) こちらが最もオーソドックスになります。

護身 九字 法 切り

この後、右の剣を抜いて、印を終る。 その空の所に、「しょうもない奴」、が入って来ます。

10
護身 九字 法 切り

最後に「ヲン・キリ・キャラ・ハラ・フタラン・バソツ・ソワカ・ヲン・バザラド・シャコク」と唱えて完了 素人がやると良くないという話も 真相は詳細不明ですが、九字切りは呪文や印を使うものであるため、素人考えではあまりやらない方が良いとされています。

護身 九字 法 切り

九字のそもそもの起源は中国の道教思想にあるといわれ、『抱朴子』という道術のテキストの中にもそれに関する記述が見られます。 戻す方法としては、再び刀印を結び刀を鞘に納めた状態で以下の文言を唱えます。

15