たちまち 方言。 「忽ち」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

方言 たちまち

「そんなん簡単よーねぇ(そんなの簡単なことだよ)」。 。

方言 たちまち

共通語の「提げる」よりも広い意味で使われ、 物を下から支え持つ時にも使われる。

11
方言 たちまち

京都と同様、連用形でウ音便があり、詠嘆には「ああ、こわあ」「あっつう!」のようなと「さっむい寒い」「さっむ寒い」のようなを多用する。

16
方言 たちまち

意味としては「立って待っているうちに現れる月」になります。 広島人「たちまち生2つちょうだい」 生ビールを注文しているあいだに、食べたい料理を選ぶ、それこそ広島人なんですかね。 (例)A:あいつどうするん? 形容動詞形「 うたて」とも。

2
方言 たちまち

これが大分県になると「 〜ちょん」といい、例えば「知っている?」が「知っちょん?」となるのですね。

方言 たちまち

詠嘆の語幹用法。 「ひ、つけてや(明かり、つけてよ)」(西部) ひぃー 必死の意。

8
方言 たちまち

(例) せんないのぉ。

4