ビプレッソ 添付 文書。 製品情報詳細|ビプレッソ徐放錠150mg

添付 文書 ビプレッソ

(50歳代病院勤務医、神経内科)• 発熱、意識障害、筋肉が硬くなる、手が震えるなどの症状がみられた場合、直ちに医師・薬剤師に連絡してください。

添付 文書 ビプレッソ

鎮静させて眠らせる作用も認めるため、不眠傾向の患者さんにも効果が期待できます。

17
添付 文書 ビプレッソ

過敏症: 0. 1.5. 脳器質的障害のある患者:他の抗うつ剤で精神症状の悪化が認められたとの報告がある〔8. 徐放製剤というのはお薬の成分がゆっくりと溶け出し、体内にゆっくりと吸収されていくように設計された剤型です。 7. 自殺目的での過量服用を防ぐため、自殺傾向が認められる患者に処方する場合には、1回分の処方日数を最小限にとどめること〔8. 1.4. 海外で実施された大うつ病性障害等の精神疾患(双極性障害のうつ症状を含む)を有する患者を対象とした、複数の抗うつ剤の短期プラセボ対照臨床試験の検討結果において、24歳以下の患者では、自殺念慮や自殺企図の発現のリスクが抗うつ剤投与群でプラセボ群と比較して高かった。

15
添付 文書 ビプレッソ

9. 本剤の投与により体重増加を来すことがあるので、肥満に注意し、肥満の徴候があらわれた場合は、食事療法、運動療法等の適切な処置を行うこと。

6
添付 文書 ビプレッソ

投与終了後も数回排便が生じることがある。

添付 文書 ビプレッソ

・糖尿病には禁忌で、体重増加がありえますが、その他は効果を含めて満足しています。 特に高齢者の場合は十分観察しながら投与する。

添付 文書 ビプレッソ

1.2. 低血糖(頻度不明):脱力感、倦怠感、冷汗、振戦、傾眠、意識障害等の低血糖症状が認められた場合には、投与を中止し適切な処置を行うこと〔8. 肺塞栓症、深部静脈血栓症 いずれも頻度不明 :肺塞栓症、静脈血栓症等の血栓塞栓症が報告されているので、息切れ、胸痛、四肢疼痛、浮腫等が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと〔9. 統合失調症の原因の1つに「脳のドーパミンが過剰になっている」事があります。

15
添付 文書 ビプレッソ

。 2参照〕。

12